レシピ集

■疲労回復に1日50グラム摂取で「鶏むね肉」 イミダペプチドの抗疲労効果

  むね肉には、ガンの予防に役立つ抗酸化作用の強い「カルノシン」や「アンセリン」が多く含まれていることが知られていましたが、厚生労働省の慢性疲労症候群研究班の研究や、文部科学省の疲労研究プロジェクトなどで、このほど新たに抗疲労成分が発見されました。

  その成分は「カルノシン」と「アンセリン」のアミノ酸結合体の総称である『イミダゾールジペプチド(略称・イミダペプチド)』。

  鶏のむね肉は、牛肉や豚肉に比べ、イミダペプチドを3~5倍も多く含んでいます。渡り鳥が何週間も羽根を動かしながら1万キロ近く飛び続けられるのも、むね肉のイミダペプチドの働きがあるからです。

  大阪市立大学大学院医学研究科の渡辺恭良教授らの研究では、疲労に効くとされる23種類の中で、イミダペプチドは飛び抜けて効果があることが突き止めました。また、ヒトの疲労感を測定した実験でも、鶏のむね肉50グラム(イミダペプチド約200ミリグラム)を毎日、約2週間食べ続けた場合は、顕著な疲労感の改善を示したことが認めらました。

そのほか、各メディアでも取り上げられています

●やじうまプラス(テレビ朝日)●教えてからだのミカタ●たけしのみんなの家庭の医学(朝日放送)●26時間テレビ(フジテレビ)●エラい!とりむね肉レシピ(レタスクラブ)●おはよう朝日です(朝日放送ABC)●週刊!健康カレンダー「カラダのキモチ」●日刊工業新聞●ゴルフレッスン誌ALBA●週刊実話●朝日ファミリー●日刊スポーツ新聞●FLASH●週刊大衆●日経産業新聞●ためしてガッテン●今ちゃんの「実は・・」(朝日放送)●日本経済新聞●スーパーニュースアンカー(関西テレビ)●日経MJ●世界一受けたい授業(日テレ)●最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(朝日放送)●生活ほっとモーニング(NHK)●日本経済新聞●大人のソナタ(テレビ朝日)●テレビ大阪ニュースBIZ●日本食糧新聞●日経ヘルス2009年6月号●化学工業日報●健康産業新聞●フードウィークリー●健康産業流通新聞●日本食糧新聞●産経新聞●読売新聞●東京スポーツ●R25 ●HJ健康食品新聞●マイライフ手帳●ヘルスライフビジネス などにも取り上げられています。

 

国際クッキング スクール キッチン・スタジオでは、
この「鶏むね肉を飽きずにおいしく食べ続けられる」ように以下のレシピを考えました。
どうぞご参考になさってください。

若鶏の南蛮漬け (所要時間15分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・200g
塩・・・少々
長葱(太)・・・1本
サラダ油・・・大さじ1
  (南蛮酢)
酢・・・1/2C
出汁・・・1/4C
みりん・・・大さじ2
醤油・・・大さじ2
月桂樹の葉・・1枚

作り方

  1. 鶏肉の厚いところに縦に切り込みを入れ、両面に塩をふり、5分ほど置きます。
  2. 調味料を合わせて、南蛮酢を作ります。
  3. フライパンに油を入れ、皮を下にして押えながら中火で1分、押えを取り弱火にして蓋をして6~7分蒸し焼きにする。(鶏肉をひっくり返さない)
  4. 焼き上がったら一口位の大きさに切って、南蛮酢に漬けます。
  5. 3cm長さ切った長葱も焼いて南蛮酢に漬け、味がなじんだら鶏肉と一緒に盛り付け

 

鶏肉とアボカドのサラダ ブロッコリー添え (所要時間20分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・1枚
アボカド・・・1コ
レタス・・・2枚
マヨネーズ・・・大さじ4
トマトケチャップ・・・大さじ2/3
塩・こしょう・・・適量
ブロッコリー・・・1/2株
ミニトマト・・・8個
   

作り方

  1. 鶏胸肉は皮を取り、塩(小さじ1/2)を入れた熱湯(1・1/2~2C)でゆでる。
    火が通ったところで火を止め、ゆで汁につけたまま冷ます。
    (うまみが逃げない。)冷めたら水気をふき細くさいておく。
  2. レタスの芯はせん切りにして葉先は飾り用にとっておく。
    ブロッコリーは小房に分けて蒸し茹でにする。
  3. アボカドは縦二つに切って種を取り、果肉をスプーンですくってボールに入れる。
    ざっとつぶしたら、マヨネーズ、ケチャップを加えて混ぜ、軽く塩、胡椒をふる。
  4. ③のアボカドに、①のゆで鶏、②のせん切りレタスを加え塩、胡椒で味を調える。
  5. 器にレタスの葉を敷き、④を盛りブロッコリーとミニトマトを飾る。

 

鶏胸肉とピーマンのザーサイ和え (所要時間60分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・1/2枚
塩・酒・・・各少々
  パプリカ(赤)・・・1/4コ
パプリカ(黄)・・・1/4コ
きゅうり・・・1本
ザ―サイ・・・1/2瓶
酒・醤油・ごま油・・・各小さじ1/2
ザ―サイのたれ・・・小さじ2/3

作り方

  1. 鶏胸肉は厚さをそろえ耐熱皿におき、塩と酒を少々振り、ラップをしてレンジで加熱する。
    (500Wで2分30秒)
    そのまま冷まし、粗熱が取れたら食べやすい大きさに手でさき、蒸し汁につけておく。
  2. 赤、黄パプリカ、きゅうりはせん切りにしておく、ザ―サイも食べやすく切っておく。
  3. ①と②を合わせ、酒・醤油・ごま油・ザ―サイのたれで軽く和えていただく。

 

鶏肉とブロッコリーのごまみそ炒め (所要時間7分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・1と1/2枚
醤油・・・小さじ2
酒・・・小さじ2
*******************
ブロッコリー・・・1株
水・・・1C
塩・・・少々
*******************
長葱・・・1/2本
  みそ・・・大さじ1/2
みりん・・・小さじ1
塩・・・少々
*******************
すりごま(白)・・・大さじ2
油・・・大さじ1

作り方

  1. 鶏肉はそぎ切りにして醤油、酒で下味をつける。ブロッコリーは小房に分け、葱は斜めスライスにする。
  2. フライパンに水と塩を入れて、ブロッコリーを茹でる。火が通ったら、ザルに取り出す。
  3. フライパンに油を入れ、鶏肉を炒める。日が通ったら葱を加えて炒め、ブロッコリーを加える。
  4. みそ・みりん・塩で味をつけ仕上げにすりごまを加えさっと炒め合わせる。

 

タンドリーチキン (所要時間15分) ※漬けこみ時間を除く

材料 / 2人分

  鶏むね肉・・・1枚    
パプリカ(赤、黄)・・・各1/2個
レタス・・・2枚    
パセリ・・・適量
*******************
カレー粉・・・大さじ1/2
プレーンヨーグルト・・・大さじ2
はちみつ・・・大2/3
  (A)
 しょうゆ・・・大さじ1/2
 おろしにんにく・・・小さじ1/4
 おろししょうが・・・小さじ1/4
 塩・・・小1/2

作り方

  1. 鶏肉は一口大に切る。(A)をからめ冷蔵庫で最低1時間程度漬け込む。
    (前日から漬け込んでおくと味が良くしみ込んでおいしくなります)
  2. 鉄板にクッキングシートを敷き、鶏肉と野菜を並べる。
  3. 200度のオーブンで約10~15分焼く。
  4. 皿にレタスを敷き肉を盛り合わせ、香草を飾る。

 

鶏肉のソテー・にんにくレモンソース (所要時間10分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・2枚
塩・・・ 少々
胡椒・・・少々
レモン(輪切り)・・・4枚
パセリのみじん切り・・・適量
サラダ油
  にんにくレモンソース
 バター・・・ 大さじ1
 にんにく(すりおろし) ・・・小さじ1
 酒・・・大さじ2
 醤油 ・・・大さじ1弱
 レモン汁 ・・・1/2個分

作り方

  1. 鶏肉は皮に切り込みを入れ、両面に塩、こしょうを控えめに少々ふる。
  2. レモンは輪切りにしておく。
  3. フライパンにサラダ油を少々ひき、鶏肉の皮から並べ、中火で焼く。
  4. こんがり焼けたらひっくり返し、フタをして火を止め余熱で焼く。
  5. 肉が焼けたら、皿に盛りつける。
  6. にんにくレモンソースを作る。⇒フライパンにバターとにんにくを入れて火にかける。
    にんにくのよい香りがしてきたら、火を止め、すぐに酒を加え、再び火をつけてアルコール分が飛んだら、醤油、レモン汁を加えすぐに火を止め、肉にソースをかけていただく。

 

鶏肉のごまソースカツ丼 (所要時間15分)

材料 / 4人分

  鶏むね肉・・・300g
塩・・・少々
キャベツ・・・1/4ケ(300~350g)   
万能葱・・・3本
生姜・・・15g

(衣)
 小麦粉・・・適量
 (A) 卵・・・1個、マヨネーズ・・・大さじ2
 生パン粉・・・適量

ご飯・・・600g位
揚げ油・・・適量
炒りごま(白)・・・適宜
  (特製ソース)
 ケチャップ・・・大さじ1
 練りごま・・・大さじ2
 ウスターソース・・・大さじ3 1/2
 ポン酢醤油・・・大さじ5
 こしょう・・・適量

作り方

  1. 鶏肉は一口大のそぎぎりにし、ソースも合わせておく。
  2. 鶏肉に塩を少々振り、小麦粉、(A)、パン粉の順に衣をつけ180℃の油で揚げる。
  3. キャベツはせん切り、葱は小口切り、しょうがはみじん切りにし、一緒に少量の油でサッと炒め、ソースを少々からめておく。
  4. ご飯を器に盛り、③の野菜を敷き、揚げたての鶏肉を盛り合わせ①の特製ソースをかけ、好みで炒りごまを振りいただく。

 

鶏肉と茄子のカレー炒め

材料 / 4人分

  鶏もも肉・・・1枚
茄子・・・ 2個
塩・・・ 少々
赤ピーマン・・・1/2個

油・・・ 大さじ1
カレー粉・・・小さじ2
醤油・・・小さじ2
パセリ・・・ 適量
  (A)
 塩・・・ 少々
 胡椒・・・ 少々
 片栗粉・・・小さじ1
 カレー粉・・・小さじ1
 水・・・ 小さじ1

作り方

  1. 鶏肉はそぎ切りにする。茄子は輪切りにして塩少々ふって灰汁をとってから鶏肉と共に、(A)で下味をつける。赤ピーマンは乱切りにしておく。
  2. フライパンに油を引き、鶏肉、茄子、赤ピーマンを炒める。火が通ったらカレー粉を混ぜ、最後に鍋肌に醤油を回しかける。
  3. 器に盛り、パセリのみじん切りを散らす。

 

鶏肉ときのこのマリネ バジリコ風味

材料 / 4人分

  鶏もも肉・・・2枚
しめじ・・・1P
椎茸・・・ 1P
塩、胡椒・・・ 少々
オリーブ油・・・大さじ2
  (マリネ液)
 バジル・・・大さじ1/3
 白ワイン・・・大さじ2
 オリーブ油・・・大さじ2
 にんにく・・・1片
 塩・・・ 小さじ1/2

作り方

  1. 鶏もも肉は一口大に切り、塩、胡椒、オリーブ油を軽く振っておく。しめじは医歯づきを取り、小房に分け、椎茸は軸を取り、半分に切る。200℃のオーブンで肉を10分焼き一度取り出しきのこ類を加え更に7分ほど焼く。
  2. にんにくをすりおろし、ボールにマリネ液に熱い内に漬け込む。
  3. 器に盛り、スタッフドオリーブを散らす。
  • コース案内
  • 体験レッスン
  • スタジオレンタル
  • 入会までの流れ
  • 料金のご案内
  • お料理基本のき
  • 講師紹介
  • 先生の著書
  • スタジオレポート
  • 恵子先生のおすすめレシピ
  • Keiko's Blog

生徒募集中!